日々是好日。

お立寄り頂きありがとうございます!薪ストーブやキャンプなど日々のちょっとした事を書いています。週1くらいのペースで更新です。

美味そう

 



 



 



 



Img_42121



 



タイトルの通りです 笑      独り言でした。すみませんm(__)m



 



 



 



 



スポンサーサイト

 



 



 



 



Img_4216  



 



いよいよ、焚き納めが近づいているようです。(嫁さまの室温チェックも厳しさを増してきました 笑)



 



 



 



桜が花を咲かせ心地よい日差しが気持ちいい季節です。



 



 



 



寂しくなります・・・・・・ もっと火遊びしたい・・・・・(^_^;)



 



 



 



今シーズン初めて薪ストーブのみの暖房で過ごしました。 Dovre640CBの感想は・・・



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



「もう、後戻りなんてできない。貴方じゃなきゃダメなのっ」 です   笑



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



嫁さまも、友達の家に遊びに行ったときに、ウチと比べると、やはり寒く感じるそうです。



 



 



 



他の暖房器具と比べると、圧倒的に薪ストーブがアッタカイんだと思いました。



 



 



 



 



 



 



実際自分で作った薪を使って、暖をとるのは来シーズンからになるのですが、それでも



 



 



 



何と言うか、充実感みたいなものがあります。火を扱う喜び。家族が笑顔になる喜び。



 



 



 



人との繋がりができていく喜び。集めた薪をコレクションを眺めるように観る喜び(笑) 等々。



  



 



 



これらの喜びを感じられる距離に居ることができる、というか。なんと表現していいか



 



 



 



分かりませんが。  大切にしていきたいです。



 



 



 



これから、梅雨に入るまでに薪棚を埋められるように、薪集めをがんばります。(遅い?笑)



 



 



 



 



 



   



 



 



 



 

ちょっと計算してみました

 



 



 



  



今シーズン、薪をどれくらい使ったのか。  やはり気になるところです。



 



 



 



シーズン通して使ったのは今回が初めてになるので、まだ自分の使用量の把握がしっかりと



 



 



 



出来ていないと思います。  ただ、今シーズンは針葉樹ばかりを焚いていましたから



 



 



 



あまり、よいデータが取れたとは言えない・・。でも、今後の自分の参考として考えてみました。



 



 



 



以前も書いたのですが、重さではなく、使用した本数から考えてみました。(頭が弱いので、



 



 



 



簡単にできる方で 笑)



 



 



 



今現在使用した薪の本数、1,910本(多分)。 実使用日数が137日ですので、1日あたり



 



 



 



13.9本の薪を使ったことになります。(使用本数は嫁さまも使用につき、正確な記録では



 



 



 



ないかもしれません。自己申告的な感じですので 汗) チョロ焚きのせい?煙突心配(ーー;)



 



 



 



針葉樹がほとんどだったことを考えれば、少ないような、多いような・・。わかりません(ToT)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



ただ、熱量だとかエネルギーとして考えると、やっぱり本数ではなくて重さなのかも・・。 



 



 



 



ではこれが、何kgになるのか。  やっぱり気になるので、以前 無い知恵をふりしぼって  



 



 



 



作った計算式 (笑) に当てはめてみます。



 



Photo_2  



薪棚の容積に対し、薪1本の容積、空隙率などを決めて計算してみました。



  



 



 



あくまでも、薪の大きさは一定、含水率15%と仮定して考えます(汗)  ちょっとムリがありますが・・



 



 



 



これに、樹種による気乾比重を換算して重さを計算してみると・・・・



 



 



 



 



 



 



 



 



 



総使用量 2,101 kg       1日あたり 15.3 kg !             ・・・・・・・・・・・・・・・・・。



 



 



 



 



 



 



 



 



 



どうなんですかね? なんかビミョーな数字になってしまい、コメントできない (^_^;)



 



 



 



まぁ、空隙率とか、気乾比重だとか、使い方間違ってるかも ですのであてになるかどうか・・



 



 



 



取り敢えず、昨年予想計算した数字には近くなったわけですが、もう少し何かが必要です。



 



 



 



何かが・・・・・ 笑



 



 



 



 



 



  



 



 



 



樹種を変えた時の必要量の計算もしてみて、来シーズンの楽しみにしてみたいと思います (^ ^)



 



 



 



 



 



  







 



 



 



再び

 





 



腹違いの兄弟が他にもいたなんて・・・。           思いもしませんでした。



 



 





 



 



 



まさしく、異母(夫)兄弟 。  そっくりです。   いや、似てはいますが、スマートな顔だち。



 



 



 



肌の色艶。細部の細やかさ。すべてがハイグレード。  育ちがちがう全くの別物。



 



 



 



 



 



 



二人をご紹介します。



 



 



 



 



  





  



 



 



 



 先ずは、先日発覚した兄弟



 Image3



 



 



いつの間にか(゚o゚;





          Image4



 



 



 



 



 



 



そして、今回、突如私の前に現れた兄弟!



 



Photo



Photo_2



  



 



 



 



 



 



ドーーンッ!!



     Photo_4 



 



 



 



 



 





 



しかも・・・・・・・・



 



 



 



 



 



 



Photo_5



 



   夢の雨樋っ!!



 



 



 



もう、2人と言っていいやら、3人というべきか、はたまた4人なのか分かりませんが、



 



 



 



とにかく、兄弟が増えました!!   そして、その兄弟達は、スゴ杉ました!(゚o゚;;



 



 



 



自分が生み出した薪棚 (随所にパクリ箇所満載ですが・・笑) と比べると・・・・・・・・・(^_^;)



 



 



 



 



 



 



 



   でも、やっぱり嬉しい。 やっぱり、ニヤけてしまいました(^ ^)



 



 



 



 



 



 



 



  



 



 



林さん、mikioさん。   ありがとうございます!! (^ ^)     兄弟呼ばわりさせて下さい。



 



 



 



 



 



 



 



因みに、mikioさんのストーブ。裏山椎ので、写真を載せちゃいます(^ ^)



 



1126



かっけーーっ! 何やら力強さを感じます。上のケトルもオシャレ。炉台もガラスで



 



 



 



オサレです! この方、なかなかのおシャレさんです(^ ^) 



 



 



 



しかも、このmikioさん、ピザ釜の台まで作っちゃってます! 



_1   私とは腕前が違いすぎるような・・・



_2



チョーかっこいいピザ釜が乗る予定だそうです。(いいなぁ~~(^q^) )





 



 



 



なんでも薪棚の工法を取り入れたとか何とか。  !!!!? 。 じゃあ、こいつも・・・・・   笑



 



 



 



 



  



 



 



お二人に感謝(^ ^)



 



 



 



    << 薪棚 4号の記事  |  兄弟薪棚の記事 >>  





 



  



 



 

思いつき

 



 



 



最近、暖かくなってきて、ストーブを焚かない日もでてきました。  なんか、淋しい。



 



 



 



とか言いながら火をつけて、嫁さまにこっぴどく叱られているのですが(笑) こればっかりは



 



 



 



やめられませんな~(^_^;)



  



 



 



 



 



 



 



さて、久しぶりに家の事。    我が家の収納。 まず、玄関のシューズクローク。それから



 





Img_4191  (あふれてますね (^_^;) )





 



 



 



和室の押入れ。その横にある階段下の収納。台所裏のパントリー。そして2階のウォーク



 



 



 



インクローゼット。これだけです。 少ない・・・・。 そして、圧倒的に、2階の収納が少ない!



 



Img_4194  



押し入れと、階段下収納。 



 



 



Img_4190  



Img_4188



パントリー。こんなの載せてたら、嫁さまに叱られそう 笑



 



 



Img_4183



クローゼット。ここは、もっと怒られそうなので、遠目の暗めで 笑



 



 



 



 



2階はクローゼットのある寝室と、子供部屋。子供部屋はあえて仕切らずに2部屋分を



 



 



 



そのまま1部屋にしてあります。これは、子供たちが使うようになった時に、好きなように



 



 



 



間仕切りして使えばいいと思ったのと、子供が出て行った後はまた使い方が変わってくる



 



 



 



と思ったから。  ただ、ココには収納がない(-.-;)  ただでさえ小さな家なのに部屋を分割



 



 



 



した場合の両方の収納場所を確保することは不可能だったからです(泣)



 



Img_4185 



Img_4186 



 



 



 



片側だけでも収納を作っても良かったのですが、何か・・・ねぇ (笑)



 



 



 



と言うわけで、収納を考えております。(いらない荷物が多いという噂もありますが)



 



 



 



100人乗っても大丈夫!な物置を。消費税増税前の駆け込み需要に乗っかって、



 



 



 



購入しちゃおうか!そんな気に (^_^;)



 



 



 



そんなこと考えながら2階から降りてくるときに、ふと目に付いた場所がありました。



 



Img_4187 



 



Img_4181 



 



Img_4182 



 



 



 



階段を下りながら見上げた場所。 1階から2階の天井までの高さがある縦長の空間・・・。



 



 



 



1



(いきなり、絵に変わりましたが・・・スミマセンm(_ _)m)



 



 



 



勿体無い。    もったいない。   2回言ってみました(笑)       そこで、



 



 



 



思いつきました。 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



2



 



取外しの階段か、屋根裏とかに上がるような、折りたたみの階段みたいなのつけて



 



 



 



上がれるようにしたら・・・。      ロールスクリーンとかで仕切ってみたしりて・・・・。



 



 



 



秘密基地みたい・・・。      どうですかね?



 



 



 



さっそく、工務店さんに聞いてみよ~ (^.^) 



 



 



 



  



 



 



 



 



  



 

薪日記

 



 



 



 



また、日記替わりに休日の薪作業のことを書いてみます。(つまらなくてスミマセンm(_ _)m)



 



 



 



今朝は、以前から薪を貰いに行っているおばちゃんのところへ。



 



Img_3778



 



こんな感じでしたが、ウチで使えそうな薪はだいぶ運び出してしまっており、残るのは



 



 



 



長さが6~70cmくらいの長い薪と建材。それから、まだ割っていない玉。



 



 



 



長い薪は、ストーブに入らないので加工する手間が大変だし、建材はほぼ全部に釘が



 



 



 



残っており、これも加工するときに手間がかかる。割ってない玉を 1個持って帰り割って



 



 



 



みましたが、乾燥しきって、カッチカチで、斧が入っていきませんでした(-.-;)



 



 



 



まだ、私が未熟なせいもあるのでしょうが、これまた時間がかかりそうです。



 



 



 



ので、ここで一旦、引取りは終了させていただくことにしました。小屋の片付けがあまり



 



 



 



捗らなくて、おばちゃんには大変申し訳なかったのですが。    



 



 



 



おばちゃん、ありがとうございました!おかげで、今年の冬は暖かく過ごすことができました。



 





Img_4180



最後にもらったものを空になった棚へ。



 



 



 



 



 





 



んで、昼からは、先日の心が折れそうな場所にある原木を見に。あくまでも見に。



 



 



 



Kトラがどこまで入れるか。本当に運べるか。原木の量の把握などで確認するために



 



 



 



登ってきました。



 



 



 



まず、この坂から階段までの山道。



 



Img_4149  



Img_4148_2



 



 



 



・・・・・・・・・・・・・。   あえなく撃沈。(今借りることのできるKトラは、なぜか2WD -.-; )



 



 



 



ここは、1輪車等で下ってくるしかなさそうです。まあ、下りなんでなんとかなるかも。



 



 



 



問題の



 



Img_4174_4



 



階段・・・。 約30mあります。ここを1輪車はキツイ。ってことで、ある考えを思いついたので



 



 



 



今度、試してみようかと・・。うまくいけば、少~しだけ楽になるかな~。でも、ちょっとだけ



 



 



 



無理があるんです。まぁ、後日試してみて、うまくいったら書きたいと思います(^_^;)



 



 



 



なので、ちょっとだけ原木を階段の上のところまで運んでみました。



 



Img_4173



 



相変わらず、体力がない。キツイ。  ここも、こんな風に勾配があって上り下りしないと



 



Img_4138



 



いけないので、それだけで、キツイ・・・泣 本当に運べるのでしょうか。



 



 



 



もう3月。どれくらい時間がかかるだろう。ここの薪を割るころには、梅雨に入ってしまい



 



 



 



そう。どうするか!? 諦めるか!?      でも、薪貧乏な私には選択の余地もなく・・・。



 



 



 



ガンバリマス。  量てきには、Kトラ4~5杯くらいかな?よくわかりません。



 



 



 



取り敢えず、素性のイイものから運び出そうと考えてマス(^_^;)



 



 



 



 



 



それから、帰って子供たちを迎えに行くまでの空いた時間で薪割りです。



Img_4161 これが



 



Img_4179_2



 



こんな感じに。 (2列目崩れそう・・ )           相変わらず、タノシイ・・・笑



 



 



 



すると、こんな木を発見!



 



Img_4175



ちょっと寄ってみます。



Img_41751_2





ちょーど、芯の部分にあたるところです。何ですかね?コレ。下の方まで細くなりながら



 



 



 



続いています。何か気持ち悪いけど、見入ってしまいます。自然ってスゴイっすね!



 



 



 



以上、何の事はない、つまらない休日の日記でした。  おしまい。 



 



 



 



 



  



 



 



 

伐る

 



 



 



薪を作るための原木を集めに、たまに山に入ります。 伐採された大きな樹を玉切り 



  



して持って帰ります。今通ってる山、周りを見渡すと、山の片側斜面すべて樹を切られ、



  



その跡にはクヌギの幼木が植えられています。伐採を行ったのは、多分、業者さん。



 



伐採って、大変だろうと思います。素人の私などには、到底できるはずもありません。



  



でも、山を見ながらちょっと思いました。ここは家畜場か農園と一緒なんだなって。



 



必用な種の木だけを植えて、育ったらゴッソリ伐って持っていき、そのあとにまた、 



 



必用な種の子を育てる。そのために、その山にもともと居た樹を排除して場所をつくる。



 



 



 



 



 



杉林などは余っているはずで、他の木が必要になったのであれば、植林して作った山を



 



伐り、そこへ植え直すことはできないのか。わざわざ、新しく原生林を伐り開いて植えて



 



いく必要があるのか。 雑木を「ざつぼく」と読ませ、杉・檜ばかりを植林させてきた林野庁。



 



その代償は。   とか偉そうに言ってみる(笑) 



 



 



 



その割には、その恩恵を頂いている自分がいて、反対に自宅なんか全てが国産の木材を



 



使用しているわけでもなく。  なんか・・・。  自分の都合なんだなと。



 



都合のいいようにしか考える事しかで出来ないんだな   と、少し反省  (-.-;)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



里山って素敵だと思います。何だか、お金が絡んでなくて(笑) そこにある樹を全部 



 



伐るのではなくて、必要な分だけわけてもらう。それも、まわりの生き物の事を考えて、



 



残すべきものは残す。そんな関係がいいと思います。樹は、ペチャクチャ毒を吐くような



 



口こそもっていませんが (いや、私達には分からない領域で会話しているのかも 笑)



 



生き物だと感じます。 だから、その命を分けてもらう時には 「頂きます」 と言いたい。



 



伐採ガンガンやってる方々はどんな気持ちで伐ってるうだろう。   私はこの付近



 



全部伐っていいって言われたら、躊躇っちゃうかもしれないなぁ。 ・・・・・・多分(笑)



 



 



 



 



 



 



里山を残すために、何か出来ることないかな。



 



 



今日は写真ありません(笑)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



何でだろう

 



 



 



久々に、 



Img_4162



 



Img_4163  



具はこれと、コーン、チーズのみ(笑)



 



Img_4164



 



 



 



 



 



 



 



 



  



 



 



 





 



Img_41692



 



 



自分達で作ったのって、美味い!(笑)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



原木配布

 



 



 



 



毎年恒例になりつつある、河川敷伐採木の無料配布に行ってきました。



 



 



 



今年は、オヤジが一緒に行ってくれるとのことでした。



 



  



 



8:00から配布が始まるのですが、オヤジさん、昨年けっこう並んだことを私から



  



 



 



聞いていたため、2時間前には行ったほうがイイんじゃない!?などと、張り切ってました。



 



 



 



前の晩飲みすぎた事もあり、1時間45分前にゆっくり自宅を出発!



  



 



 



Img_4158



 



 



 



なんと、2番目!  因みに、昨年は19番目でした。



 



 



 



今年の原木は、昨年に比べて少ない・・。



 



Img_4157



 



まぁ、来年からは 杉は入れませんって言ってたから量が減ったのかもなー  なんて



 



 



 



思いながら近づいてみると、 最前列と2列目、   全部 「杉」 やんけっ!!



 



 



 



しかも、一番前にあるから、後ろの原木、取り出しにくい・・・(泣) やれやれです。



 



 



 



なんとか、左端につけることができ、杉以外の原木を貰う事ができました(^_^;)



 



 



 



よかった。2番目で。      オヤジありがとう!



 



 



 



積み込みの際は、写真の手前の「どうやって持ち上げるの?」という位のでかい



  



 



 



玉の上に乗り3列目の原木を積んだのですが、前日の雨でデカ玉が濡れており、



 



 



 



デカ玉の上のデカ玉が滑り落ち、その上に足をかけていた私も一緒に落ちたり、無理



 



 



 



な姿勢での作業で、腰が痛かったりと、散々でした(T ^ T)  (ケガなくて良かった・・)



 



 



 



玉の数が昨年より少ないのと過積載を防ぐため、アオリの高さまでと決められてたため



 



 



 



Img_4159



 



 



棚の1/4とちょっとくらいの量でした。 なるだけ、カシをと思いましたが、中には枦などの



 



 



 



うるし系やホウノキなども。ま、昨年よりはいいかな? また、来年もお願いしますよ!



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



現場で滑り落ちたことで、年を感じさせられた (打ち身数箇所あり)  腹いせに(笑)



 



 



 



Img_4166



 



以前、山から持ってきたクリの大きめの玉を割って、ストレス解消しました。



 



 



 



      (若い頃はサッとよけられたのになぁ~(ToT) ) 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

灰?

 



 



 



 



以前から、気にはなっていたのですが、見て見ぬふりを・・・・・。



 



 



 



ここは、つなぎ目だから、微妙に空いてるのかな。そこから吹き出して



 



 



 



きてるのかなぁ。それとも、煙突の熱膨張で動いた分、中の灰などが残って



 



 



 



しまったのかなぁ。   なんて。



 



 



 



 



 



 



Img_4151



 



 



 



 



・・・・・・ でも、よく考えたら、煙突にはドラフトがあるから、そこから吹き出すことはない。



 



 



 



熱膨張だとしても、こんなに動くことはないだろーっ!しかも、煤じゃなくて灰?まさか。



 



 



 



じゃあ、何 ?



 



 



 



拭き取ってみました ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



 



 



 



 



 



 



 



ホコリ。。。。。。。!?   よく年末の大掃除で大量に出てくるヤツ(汗)?



 



 



 



もしかして吹き出してるんじゃなくて、吸い込んでるのっ?ソーいえば、ストーブ付近に



 



 



 



洗濯物をかなり干すようになってから、目立ち始めたかも・・・。 パンパンして干すから?(笑)



 



 



 



あぶねー。燃えなくてよかったー。  ん?ホコリって燃えるの?燃えるよね!もしかして



 



 



 



もう燃えて灰になったから白いの? ほんとに埃?  ちょっと、ドキドキしてしまった(-.-;)



 



 



 



 



 



でもー、こっから空気吸い込んだら、排気温度下がっちゃうんじゃ・・・・・・。



 



 



 



んー、どうなんだろ? ほかの方の家はどーなってるんだろう?



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 





せなこたぁいけんでんえっか(笑)          煙突掃除で考えよっ!



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

次のページ