日々是好日。

お立寄り頂きありがとうございます!薪ストーブやキャンプなど日々のちょっとした事を書いています。週1くらいのペースで更新です。

伐る

 



 



 



薪を作るための原木を集めに、たまに山に入ります。 伐採された大きな樹を玉切り 



  



して持って帰ります。今通ってる山、周りを見渡すと、山の片側斜面すべて樹を切られ、



  



その跡にはクヌギの幼木が植えられています。伐採を行ったのは、多分、業者さん。



 



伐採って、大変だろうと思います。素人の私などには、到底できるはずもありません。



  



でも、山を見ながらちょっと思いました。ここは家畜場か農園と一緒なんだなって。



 



必用な種の木だけを植えて、育ったらゴッソリ伐って持っていき、そのあとにまた、 



 



必用な種の子を育てる。そのために、その山にもともと居た樹を排除して場所をつくる。



 



 



 



 



 



杉林などは余っているはずで、他の木が必要になったのであれば、植林して作った山を



 



伐り、そこへ植え直すことはできないのか。わざわざ、新しく原生林を伐り開いて植えて



 



いく必要があるのか。 雑木を「ざつぼく」と読ませ、杉・檜ばかりを植林させてきた林野庁。



 



その代償は。   とか偉そうに言ってみる(笑) 



 



 



 



その割には、その恩恵を頂いている自分がいて、反対に自宅なんか全てが国産の木材を



 



使用しているわけでもなく。  なんか・・・。  自分の都合なんだなと。



 



都合のいいようにしか考える事しかで出来ないんだな   と、少し反省  (-.-;)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



里山って素敵だと思います。何だか、お金が絡んでなくて(笑) そこにある樹を全部 



 



伐るのではなくて、必要な分だけわけてもらう。それも、まわりの生き物の事を考えて、



 



残すべきものは残す。そんな関係がいいと思います。樹は、ペチャクチャ毒を吐くような



 



口こそもっていませんが (いや、私達には分からない領域で会話しているのかも 笑)



 



生き物だと感じます。 だから、その命を分けてもらう時には 「頂きます」 と言いたい。



 



伐採ガンガンやってる方々はどんな気持ちで伐ってるうだろう。   私はこの付近



 



全部伐っていいって言われたら、躊躇っちゃうかもしれないなぁ。 ・・・・・・多分(笑)



 



 



 



 



 



 



里山を残すために、何か出来ることないかな。



 



 



今日は写真ありません(笑)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile2002.blog.fc2.com/tb.php/43-70c2549a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad