日々是好日。

お立寄り頂きありがとうございます!薪ストーブやキャンプなど日々のちょっとした事を書いています。週1くらいのペースで更新です。












このところ、週末になると雨の予報です。 遊びに出るのも億劫になるし、何より薪作業が



 



 



 



進みません(>_<)   昨日も朝から雨。 山にも行けず、暇を持て余していました。



 



 



 



昼過ぎ、曇り時々小雨みたいな天気になりましたので、先日途中だった薪の引越しを



 



 



 



進めることに。  先週のうちに、合間を見て4号基の屋根を取り付けていたので助かり



 



 



 



ました(^_^)



Img_4257_2  相変わらず色は塗ってません(^^;



 



 



 



2号基の分を4号基に移します。 2号の前面に積んであったものを後面に、後面を



 



 



 



前面に。これで、古い薪が前に出てきたので古い順に使うことができますね (^O^)



Img_4262_2  



 



 



でも、この生産性のない作業 (薪棚が空いて積む場所ができることで生産可能に



 



 



 



なるという意味では生産性が無いとは言えないのですが) は、あんまり好きではあり



 



 



 



ません(^^; まぁ、片方の棚が一杯になっていくと、おぉ~っとなりますが、メンドくさい・・



 



 



 



あっ、つい言ってしまいました(^^; あまり口に出してはいけない言葉だそうですから、



 



 



 



控えめに・・・(>_<) 



 



 



 



取り敢えず1・2号基を、ある程度空にしたところで、また雨でした (ToT)



 



Img_4266



 



 



あとは、簡易薪棚を撤去して、5号基まで増設できたらと思ってますが、どうなることやら。



 



 



 



 



 



 



週末だけは雨降らなければイイのに。 そーすれば、山にも早く行けて、原木回収が進み



 



 



 



薪割りをしていられるのに・・。 梅雨がきたらどーしよ。薪仕事ができなくなる。



 



 



 



あーーっ、これだから雨は嫌いだーー。  薪割りしてぇ~~。



 



 



 



 



 



 



 



 



何か、変な病気みたいですネ・・・・・・・・ (^^;



 



 



 



 




 



   << 薪棚 5号の記事  |  薪棚 4号の記事 >>  



 



 



 



 



 



 



 

引越し





 



 



 



薪棚3号基に4号基を増設しています。   ようやく(^_^;) 



 



 



 



兄弟達に感化されようやく動き出しました。 なかなか時間が取れず着工に時間が



 



 



 



かかってしまいました。でも、これが完成すれば、昨年作った薪をこちらに収納して



 



 



 



使用薪の薪棚として可動できる。何より、薪棚全体の収納容量がグッと増える。できれば、5号基



 



 



 



まで! 急がねば!



 



 



 



 



材料と道具を準備しながら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   1時間経過。



 



 



Img_4218



 



 



 



終~了~っ (;゚Д゚)!!!       雨も降り出し、用事ができたりで、ここまで~っ (ToT)



 



 



 



屋根を付ける作業は、また後日という事で・・(ーー;)    ススミマセンネー



 



 



 



(土場が散らかっていて、見苦しいのですがご愛嬌(^_^;) 砂利を一面に敷く予定です)



 



 



 



 



 



 



 



 



 



空いた時間に少しずつ、薪の引越しをしています。これで、前と後ろが入れ替わって



 



 



 



古い順に使うことができます (^-^)



 





Img_4204



1号基が半分になりました。何だか、薪棚が空くと淋しくなりますね。早く薪棚を満杯 



 



 



 



にしたいって気持ちになってしまいます。



 



 



 



Img_4213



少しずつ移動( ̄ー ̄)      この後、上の段が空になりました。



 



 



 



 



Img_4219 (お隣の豚さんに笑われてますね(^_^;))



 



で、3号薪棚はこんな感じになっています( ´ ▽ ` )



 



 



 



 



 



 



4号薪棚の屋根を付けて、こちらを満杯にする算段をしていると、  あることに気がつきます。



 



 



 



 



 



 



 



 



それは、                  今 焚ける薪が残ってない・・・・(゚o゚;;



  



 



 



今の時期、焚かない日が多くなってきましたが、やっぱり焚きたい。   でも、薪がない。



 



 



 



昨年購入したクヌギが少しは残っていたのですが、3号基に薪を引っ越すときに混ぜて



 



 



 



積んでしまった・・・・。探せばどれかはわかりますが、大変だし・・・・    



 



 



 



 



 



 



 



こうなったら、来シーズン用の、今積んでいる薪に手を出すしか・・・   (^_^;)



 



 



 



 



 



 



 



あ~~~、    薪長者になりたい・・・・・  (´д`) 



 



 



 



 



 







 << 薪棚 4号完成の記事  |  兄弟薪棚 2 の記事 >>  



 



 



 



 



 

再び

 





 



腹違いの兄弟が他にもいたなんて・・・。           思いもしませんでした。



 



 





 



 



 



まさしく、異母(夫)兄弟 。  そっくりです。   いや、似てはいますが、スマートな顔だち。



 



 



 



肌の色艶。細部の細やかさ。すべてがハイグレード。  育ちがちがう全くの別物。



 



 



 



 



 



 



二人をご紹介します。



 



 



 



 



  





  



 



 



 



 先ずは、先日発覚した兄弟



 Image3



 



 



いつの間にか(゚o゚;





          Image4



 



 



 



 



 



 



そして、今回、突如私の前に現れた兄弟!



 



Photo



Photo_2



  



 



 



 



 



 



ドーーンッ!!



     Photo_4 



 



 



 



 



 





 



しかも・・・・・・・・



 



 



 



 



 



 



Photo_5



 



   夢の雨樋っ!!



 



 



 



もう、2人と言っていいやら、3人というべきか、はたまた4人なのか分かりませんが、



 



 



 



とにかく、兄弟が増えました!!   そして、その兄弟達は、スゴ杉ました!(゚o゚;;



 



 



 



自分が生み出した薪棚 (随所にパクリ箇所満載ですが・・笑) と比べると・・・・・・・・・(^_^;)



 



 



 



 



 



 



 



   でも、やっぱり嬉しい。 やっぱり、ニヤけてしまいました(^ ^)



 



 



 



 



 



 



 



  



 



 



林さん、mikioさん。   ありがとうございます!! (^ ^)     兄弟呼ばわりさせて下さい。



 



 



 



 



 



 



 



因みに、mikioさんのストーブ。裏山椎ので、写真を載せちゃいます(^ ^)



 



1126



かっけーーっ! 何やら力強さを感じます。上のケトルもオシャレ。炉台もガラスで



 



 



 



オサレです! この方、なかなかのおシャレさんです(^ ^) 



 



 



 



しかも、このmikioさん、ピザ釜の台まで作っちゃってます! 



_1   私とは腕前が違いすぎるような・・・



_2



チョーかっこいいピザ釜が乗る予定だそうです。(いいなぁ~~(^q^) )





 



 



 



なんでも薪棚の工法を取り入れたとか何とか。  !!!!? 。 じゃあ、こいつも・・・・・   笑



 



 



 



 



  



 



 



お二人に感謝(^ ^)



 



 



 



    << 薪棚 4号の記事  |  兄弟薪棚の記事 >>  





 



  



 



 

兄弟




 
 
 
 
 
このブログを読んでいただいた数少ない奇特な(笑)方からメールが届きました。
 
 
 
 
 



 
なんと!私の作った薪棚をみて、同じように薪棚を作られたそうです! チョー嬉しいです!
 
 
 
 
 
 
 
以前に何度かコメント頂いていました。そこで薪棚の図面の説明をさせていただいたところ
 
 
 
 
 
 
 
作られたとのこと。それが、こちら。



 
 
 
 
  
 







Image



 



Image_1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すばらし杉です!! 私の棚とは比べ物にならないくらいの精度ですね。(私の棚は凸凹ですから(^_^;))
 
 
 
 
 
 
 
後ろに写るお家も素敵な雰囲気が伝わってきます。なんでも板倉構法という日本の 
 
 
 
 
 
 
伝統構法だそうです!!   薪ストーブがきっと似合うはず。似合わない訳がない(^.^)
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
この写真を見させて頂いた瞬間、ニヤけている自分がいました(^.^)
 
 
 
 
 
 
 
               兄弟ができた (*^^)v



 
 
 
 



 



   << 兄弟薪棚 2 の記事  |  薪棚一部変更の記事 >>   



 



 






  
 
 
 
 
 
 

今頃

 







 



 



 



寒くなってきました。何やら寒波が来ているようですね。このへんでも朝方 -3.6℃を記録してい



 



 



ます。明日あたりは、-6~-7℃ だとか。寒~っ。  でも、ストーブをガンガン焚けるから



 



 



ちょっと嬉しい (^_^)



 



 



 



 



天板で餅を焼いてみました。



 



Img_3974



 



おーっ!  焼けました~。温度が低いときに焼き始めたので、ちょいと時間がかかりました。



 



 



ソーいえば、天板で焼いたりするの、初めてです。やかんをかけていたり、作りおきのカレー



 



 



を温めておいたりはしていましたが、ここで焼いたりする事は今までなかったな~。今更。



 



 



 



 



話は変わって、薪棚のこと。 先日、3号基の薪棚を作成するあたって、気がつきました。



 



  



1・2号を作る際に、それぞれを自立させようと考え設計しました。(記事はこちら) でも、



 



 



よく考えたら、それは無駄だらけでした。ぞれぞれを自立させる意味がない・・・。



 



 



もともと、1号と2号はくっつけて設置する予定でしたし、仮に、後でそれぞれを移動させ



 



 



ようとしても、屋根の波板を重ねて取り付けてあるので離すことはできない。 そして、



 



 



何より、材料の無駄であること。作成時間の無駄もあります(*_*)



 



 



なので、3号基は増設ありきで作成しました。(と言っても、たいして変わっていないのですが)



 



無題



こんな感じ。 上が1・2号基で、下が3号と増設予定の4号基。上と下では、材料も2×4が



 



 



4本も違います。(もっと削減できるのかもしれませんが頭悪いのでこの程度です・・)



 



 



上の棚だと、増設するときに、ちょっと無理がでる。見た目も均一感がなくなるし。下の棚



 



 



だと、5号、6号と増設しても見た目変わらないし、同じ作り方ができる。 作業時間も



 



 



片側側面を組み立てなくていいので短縮できる。



 



 



 



 



       今頃気がついた(泣)



 



 



   << 兄弟薪棚の記事  |  薪棚 3号完成の記事 >> 






     

   





 



 



前のページ 次のページ

FC2Ad